環境を守るための調査|建設物の価値はしっかりとした検査で決まる|土壌汚染調査の重要性

建設物の価値はしっかりとした検査で決まる|土壌汚染調査の重要性

環境を守るための調査

ヘルメット

環境保護のためにも、土壌汚染の脅威は早めに取り除く必要があります。ここで、具体的にはどのような影響があるのか把握しておきましょう。土壌汚染の影響や何が問題なのか、そこを重点的に解説します。まずは、自然由来の汚染物質について紹介していきます。

自然由来の重金属の種類として、セレンやカドミウム、六価クロムなどがあります。これらの重金属が地表に出ていない間は良いのですが、地表にいざ出てきてしまうと大きな問題になります。それは重金属をあまり多く取り込んでしまうと、人間の身体には健康被害が生じてしまいます。また酸性水という水が流れ出してしまうと、その水が構造物や環境を破壊する可能性があります。また、一部ですが酸性水によって重金属が溶けだす可能性もあります。これらの汚染物質とも呼べるものが地表に出さないためにも、建設工事を行う前に、きちんと地質調査をしておく必要があります。それをしておかないと、いざ工事をしたときに大きな問題を起こしてしまいます。

近年至る所で「ボーリング調査」という言葉を目にしますが、このボーリング調査は地質調査の代表的なものです。ボーリング調査の調査方法や使用する機器類も年々進化しており、さらなる調査の円滑化が期待できます。また、ボーリング調査をはじめ様々な地質調査の効率化が、全国の事業団や専門機関で研究されています。社会と地球に大きな貢献ができる地質調査は、今積極的に進めていかなければならない調査なのです。