建設物の価値はしっかりとした検査で決まる|土壌汚染調査の重要性

住宅の安全性確認

男の人

住宅の建っている地盤が弱いと地盤沈下などのトラブルを発生させてしまうため、住宅にトラブルが発生した場合は地盤調査を実施するようにしましょう。またsws調査を利用すれば、工事費用を最小限に抑えることができます。

詳しくはこちら

管理人の仕事

ウーマン

ビルやマンションなどの管理人が行う作業として防火対象物点検というものがあり、建物内の安全確保のために必要な作業となっています。そこで防火対象物点検をお得に利用出来る方法があるため、それは一体どのような内容であるか調べていきます。 このサービスについては法律で定期的に行うことが義務付けられており、違反をすると罰則が管理者に科せられることになっています。基本的に1年に1回防火対象物点検を行うことが良いとされているため、1度利用した業者に翌年も依頼をするのが良いです。こうして翌年も依頼することによって、また新しく業者探しをする手間を避けることが出来ます。このように防火対象物点検を行うことは法律で義務となっているため、利用した業者について出来るだけ長い付き合いをするようにするとお得に利用出来ます。

防火対象物点検を行うことで火災発生時において安全確認がされていることになるため、マンションやビルなどでは定期的に点検が必要です。そこで専門業者にこの点検作業を依頼した場合には、どれくらいの価格や相場となっているか紹介します。 多くの業者では1面積辺りの広さで価格設定をしていることが多く、その費用については次の通りとなっています。大体1面積辺り1万円前後となっているため、例えば20面積と仮定すると約20万円の費用が必要になります。なので防火対象物点検を依頼する時には、大体10万円から20万円くらいかかる傾向となっています。また専門業者によっては報告書作成にも別途費用がかかることがあり、その場合も1枚につき約1万円の経費がかかります。このように、建設物を維持するため、建設物の安全性を確かめるためにも、土壌汚染調査といった検査や調査はとても大切です。土壌汚染調査は特に建設前に行なうことが多いですが、建設後でも心配であれば行なうことは可能となっています。

自主的な対策

工事現場

地質調査を行なってくれる業者はたくさんあります。また、チェックする項目によって得られる結果が変わるのです。そのため、初めて利用するところは、専門の業者と相談をして適している地質調査を行なうことが大切です。

詳しくはこちら

環境を守るための調査

ヘルメット

現在、世界各国の土壌が汚染され始めています。土壌汚染は環境に大きな悪影響を及ぼします。土壌汚染や環境保護を考える上で必要不可欠なのが地質調査です。建設工事の前に地質調査を行なわなければ、工事を始めた時に様々な問題が発生する恐れがあるのです。

詳しくはこちら